スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みんな仲良く♪

25日の授業が終わったとき
なんだかヽ( ´ー)ノ フッとやる気が失せてしまいました。

頑張ろう、頑張ろうと躍起になるのはあまり好きじゃありません。

どんなに忙しくても、楽しくやるのが好きです。

グチグチ言ったりもするけど
基本、楽しいのが好きです。

(*´∇`*;△ はぁー いろいろあるなぁぁぁぁぁ・・・

ある音楽団体をやめました。

肩の荷がすっきり(#^.^#) エヘッ

イライラ他人の批判ばかりする人に周りが振り回されて
そんなんで楽しい音楽は無理でしょう。
練習や運営は楽しいことばかりじゃないけど
音楽は楽しく、人生も楽しく
そのために、きつい練習も
人間関係も、ちゃんとやっていきましょうよ
と、どーして人生の先輩がきちんと提言しないのだろう。

やっぱり、避けて通るのが楽なんでしょうね

大人として、恥ずべき行為だと思っています。

スポンサーサイト

ディズニーランド

最近あることで、TDLの中で働いている人と知り合いました。

2~3年前、親戚の子が、ランドの売店でバイトをしていることがありましたが、おいしい特別な情報はなく、特に親戚だからと安くしてもらえることもなく・・・・(当たり前ですが)

そのあとも、娘の友達が着ぐるみを着てバイトしていましたが
それでも情報は耳にできませんでしたし、その子も特典はなかったようです。
でも教育が行き届いていて、何の着ぐるみに入っているのかも教えてもらえなかったとか。。。

で、今回知り合った人というのは・・・・・
バイトとかじゃなくて、かなり重要な役割をしている人です。
企業秘密? まぁ、何をしている人かは言えませんが
その人から、とても興味深いお話をたくさん聞けて、そりゃもう素敵~♪

例えば・・・・
ランドっていうのは、お客様が左回りに回るように設計されているんですって。
特別お目当てがない場合(例えば、入場とともに目的のアトラクションに走って並ぶ・・など)、何となく左へ左へ行きたくなるように、建物やベンチやお店などが配置されているというのです。
 ̄O ̄)ふーん そーなんだ。。。

ミッキーやミニーちゃんの中はどんな人が入ってるの? と聞いても
誰も入ってない・・・あれはミッキーとミニーだから、と答えます。
・m・) プププ そーよね~♪
そういう点でも、従業員教育がバッチリできているのですね。

VIPのお客様専用の場所は、そりゃもう豪華でサービスが良くて
レストランなんかも素晴らしいらしいです。
それはσ(・・*)アタシも少し知っていました。
以前、年に5回も行っていた頃、スポンサーの会社の家族招待券をゲットしたことがありますが
その日はいくつかのアトラクションは入場制限があって、込み合うこともないのです。
他のお客様には申し訳ないけれど、建物は「工事中」の札があって、一般のお客様は入れないようになっていたりすることもあります。
で、入り口も特別なところから入れるんだけど
中はそういうわけで、ガラガラに空いています。
こんな待遇受けていいの?って感じです。

そんな裏事情を知ると、ちょっとビックリですが
従業員の人達の教育は徹底していて、あまり意地悪な感じの人はいないのが嬉しいです。
この前、イクスピアリに行ったときは、ちょっとヤバイ感じの人がいてムカつきましたが
それでも、そんなことは稀だし
とにかくランドでは、楽しく過ごせることを第一優先にしてくれているので
何度でも、誰とでも、いつでも行きたい場所No,1♪

それから別の日には、障害者の方のお供で行ったこともあります。
障害者(車椅子)なので乗れるアトラクションも限られていますが
だからと言って入場料は割安にはなりません。
その代わり、待ち時間なしで、特別な入り口からスイスイ入れます。
乗り物に乗るときも、一般の人達と同じところには並ばずに
ちょっと手前のところから、一足先に乗り込みます。
一般の人達に迷惑にならないようにということと、障害者の人達には、安全で、且つ、不自由を感じないように、という配慮らしいです。
乗ったときと降りたときの場所が違うので
ちゃんと車椅子も出口まで持って来てくれてあります。
乗り降りももちろん、スタッフが手を貸してくれます。
σ(・・*)アタシも付き添いなので、車椅子を押して一緒に行動を共にしますが、待ち時間なしでスイスイ行けるのは助かります。


パレードでは、何時間も前から場所取りをしなければいけませんが
障害者の人のための特別なスペースがあり
係りの人に案内されて、一番前の特等席で見ることができます。
そんなふうだから、障害者割引がなくても、全く損な感じはしません。

そこで働く人達の日頃の見えない努力を、是非新総理大臣にも見習ってほしいと思います。
(うわっ!!そっちかい( ̄∇ ̄;)

ヽ( ´ー)ノ フッ

よく考えたらσ(・・*)アタシは今までに10回以上も入院経験があり
また仕事柄、入院患者や高齢者との接点が多いので
そこそこの病気に関する知識が、いつのまにか増えています。
それは、今後の自分の親の世話をする番になった時に役立つだろうと思っています。

σ(・・*)アタシの年齢では、両親を失くした人の方が多いので、二人とも病院通いをしてはいますが、二親が揃っていることは幸せな事と言えるでしょう。

だけど、そんな幸せは永遠に続くわけではなく・・・・・






毎朝、退院したばかりの母のところへ通うことになりました。
今までは、自分が大病をしたため、両親に負担をかけたこともありましたが、これからはσ(・・*)アタシが両親の面倒を見る順番に、いよいよなったという・・・ただそれだけのことです。

予期していた事とは言え、やはり、いざ、そういう立場になると、σ(・・*)アタシの仕事はどーなるんだろう、とか
自由な時間が益々少なくなるので、そういうことに一抹の不安を感じずにはいられないところが、自分でもちょっと情けないです。


と、言いつつ・・・・
例え病気でも、多少具合が悪くても
みんなが暗~い顔をして生活をしていくのは
σ(・・*)アタシの性に合いません。

一度しかない人生ですものね
元気に過ごすのがいいです。

もう20年近く前、右手にクビの座らない赤ちゃんの息子を抱き
左手でやっと歩き出した娘の手を引き
クビから保育園カパンを2つぶら下げて
腕にはオムツや着替えのバッグを2つ下げ
保育園の先生が待ってくれている玄関まで
子供たちを雨に濡れさせないようかばいながら
小走りで駆け抜けたあの頃。。。

若かったのね~┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~

O型ですか?

買い物に行く・・・・

気に入ったのが見当たらない・・・・・

でも、せっかく来たのだからと、不要なものを買ってしまう・・・

とりあえず何か買ったのだから、ちょっと満足

これってO型だからだとよく人に言われますがw
O型ってそういう気質なんでしょうか

うちの子供達は二人ともA型です。
そー言えば、娘のショッピングの付き合いで
これはどぉ? じゃこっちのは? と
試着室にあれこれ持ち込みますが
結局どれも気に入らず、何も買わずに帰ることもあります。

以前、息子に付き合ったときは
本当に(;´д` ) トホホなくらい、あれこれと吟味して
また元のお店に戻ったり往ったり来たり・・・・
もうどれだっていいじゃん的な行動をされました。
結局、お目当てのものは買わずに……(o_ _)o パタッ
でも、ヤツは気に入ったものは、高くても買う!!
(-_-#)ムカッ

確かに、安物買いの銭失い、なんていう言葉もありますがw

自分ではわかりませんが
σ(・・*)アタシは典型的なO型、とよく言われるので
そーかなぁ・・・と思いつつ
O型ってちょっとヤバイ性格かもと思う今日この頃なのでした。(T_T)

ということもあって
血液型は何型? と聞かれると
つい、「くわがた」と答えてしまうのです( ̄∇ ̄;アハハ

残暑・・・

9月はいつも残暑が厳しくて
子供が小さい頃は、秋の運動会で日焼けしてたりしましたが
今年の残暑はまた一段と・・・┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~

(´ヘ`;)ハァ 暑い・・・・ウザイ・・・・ウザンショ!!(爆)


我が家では今これがブームで
何事にも「ウザ・・・」を付けています。
そーすると、不思議と疲れが倍増(;^_^A しますので
皆さんは危険ですからおやめください( ̄∇ ̄;アハハ

2週間ぶりの練習♪

今日は(正確には昨日)本番3週間前の練習日でした。

いつものようにσ(・・*)アタシが3人の仲間を向かえに行って
ほぼ一番乗り状態で到着~♪

みんなσ(・・*)アタシより上手な子達なので
演奏は全く心配はないのですが
本番が近付いてきたので、いろいろと打ち合わせ事項が増えています。
衣装のことや、セッティングの打ち合わせをすると
いよいよ本番が近いんだなぁ・・・と。。。

σ(・・*)アタシも娘も
今まであまりあがったことがありません
あがる、というのが、どういう状態なのかわからない感じw
この前、何かで娘が珍しく「ヤバイ あがってるかも」と言ったときは、思わず喜んでしまいました(^O^)だははは

でも、あがらない=失敗しない、というわけではありません。
いろいろな失敗は数知れず(#^.^#) エヘッ
つか、失敗は普段から日常茶飯事なんですけどね

今日の失敗・・・・・
チューナーを忘れた
メジャーも忘れた
マレットが無い無いと大騒ぎしてしまった
みんながシーンとしている時にドアをあけられなくて
   指揮者にノブを「回したら開きます」と言われて
   ヴァイオリンの人とかに(^m^ )クスクス笑われた
   f(^^;) ポリポリ
「白鳥湖」のフィナーレの劇的なところで打楽器全員が
   落ちて、指揮者に「打楽器全然ダメ!!」と言われたw
   ( ̄∇ ̄;アハハ♪あんなの珍しいです(笑)
   (実は笑うとこじゃないんだけど)
σ(・・*)アタシは降りバンだと思っていたら
   「ありますよ」と言われた
   Σ(- -ノ)ノハッ!? そーでした、ありましたm(_ _)m
楽しみにしていたお肉屋さんに「もう終わりました」と
   言われて、買いたいものを買えなかった(T_T)
いつも左手を使っているタムタムで、今日は右手を
   使ったことをすっかり忘れて「右の方が力がない」とか
   言ったら、「今日は右手を使ってましたよ」と言われ、
   (一。一;;)エッ?軽くボケてしまった(爆)

そして、いつもの反省点ですが、練習が終わっても
どーしてもサクッと帰宅できないσ(・・*)アタシ達って

ドタバタしながらも、もう3週間前になりました。
ドタバタはいつものことですが、そういうのも含めて
やはり音楽は楽しいですよね~

マッハ

mahha



夜中の3時とか4時の時間に、もう資料作りに飽きたのでTVをつけました。
なんだか三流映画をやってました。
見るとはなしに見ていたら(;^_^A
なにやらタイのムエタイの試合っぽい感じ
( ・ _ ・ )ホホウ ドレドレ
気がつくと、すっかり興味津々になり、最後まで見てしまいました。

【物語】
最初から見ていなかったので、よくはわかりませんが
・・・・・どうやら悪党どもが、村の大切な石像「オンバク」を盗んだらしいのです。それを追いかけるのは、村一番のムエタイの使い手ティンでした。ややこしいストーリーはなく、ただひたすら石像を追って次々に現れる敵を倒していくのです。

σ(・・*)アタシが興味をもったのは、その映像でした。
どう見てもスタントマンじゃないのです。
で、あとからネットで調べてわかったことですが
スタントマンだけでなく、CG画像処理やワイヤーで吊ったりなどの技を全く使っていないとのこでした。
えーっ!!ヽ(-0-ヽ)Ξ(/-0-)/ えーっ!!

もともと、この俳優はスタントマンだったらしいですが
それにしてもタイという国は一体!!!
そしてムエタイのすごいこと!!!

2003年の映画なので、まだ4ヶ月くらいしか経っていませんが
ロードショーになる時に、そんなに話題になった様子もありません。
(知らなかっただけかもしれませんが)

格闘技の好きなσ(・・*)アタシは、夜中の八百長的な試合を見ると
ちょっと(-_-#)ムッとしますが、それでも見るのは嫌いではありません。
だけど、この映画はそんな試合とは比べ物にならないほどの純度?です。
とんでもない時間での放映ですから、ファンも少ないのでしょう。
有名な俳優も出ていませんし。。。
でも、もしどこかで見るチャンスがあったら・・・・・
ま、格闘技ですから、あまりお勧めはできませんけどね(;^_^A


監督: プラッチャーヤ・ピンゲーオ
出演: トニー・ジャー / ペットターイ・ウォンカムラオ / プマワーリー・ヨートガモン

PARIS 2010

paris2010

2007年 フランスの作品です。
地震や洪水などの災害のパニック映画のようで実は違います・・・
つか、違うと思って見た方がいいと思います。
σ(・・*)アタシは事前の前評判を知っていたので、その迫力のなさに肩透かしをくらうことはありませんでしたが
CG画像の大迫力で都市が破壊される恐怖ものを期待して見ると
(一。一;;)エッ?と思うかもしれません。

さて、あらすじですが・・・・
パリに大雨が降りました、というだけの話です(;^_^A

そもそも、街のど真ん中にセーヌ川が流れているわけですから
それが氾濫したら大変なことになります。
パリは、100年に一度大洪水があると言われるくらい、過去にも大洪水に見舞われています。
1911年に限界の水位を大きく超えた洪水がありましたが、そのあとも
規模の差こそあれ、何度か洪水を経験しているらしいです。
そられの洪水の実際の映像を、映画の中で使いながら
時は2010年、またしても2週間も降り続く雨によって、今まさに毎時5cmの勢いで増水を始め、今にも溢れそうなセーヌ川を前に、政府当局がどう対応したか、
また市民が慌てることなくどう避難したか・・・・という物語になっています。
それは、フランス政府が実際にシミュレーションして練った緊急対策の素晴らしさを訴える教育番組のようでもありますが(; ̄ー ̄A

それをドキュメンタリーっぽく作ってあるので
何だか混乱しそうな展開には困りましたΣ( ̄ロ ̄lll)

陣頭指揮にあたったのは女性警視総監で、「タイヨウ政策」(と呼んでいたと思いますが)に基づき、記者会見などで市民に避難を呼びかけたり
緊急避難場所の用意や、防護壁の確保、美術品などの運び出し、医療チームの要請など、過去の洪水から学んだ緊急対策を次々に繰り出し、いかにも冷静沈着に対応しているかのような流れになっています。

そして、その途中途中で、「あの時は最悪の状態でした」などとインタビューに答える形式の警視総監のコメントが流れるのです。
(実際は、いけてない女優の演技ですが)
旅行に来ていた夫婦や、一般の市民のインタビューもあり
(それも全て演技)、あくまでもドキュメント仕立てに拘った作りになっています。
それがかえって、ややこしくて(・"・;) ウッ!!
だんだんウザい感じになり、見ているのが面倒に・・・・

でも、一つだけ・・・・
こういう具体的な緊急対策が、もし日本にも実際にあったら・・・
フランス当局の積極的な・・・というか、被害が出る前の早急な対応というのは大切なことだと思いました。
日本でも、度重なる地震の甚大なる被害から、いろいろな緊急対策を講じているだろうことは伺えますし
地震は大雨と違って予測が困難ですから、同様には考えられないと思いますが
予知ではなく、起きてしまった災害に対しての対応が遅い。。。

σ(・・*)アタシの生徒の学校では、大雨警報が出て早帰りになった時などは、事前に申し合わせた通り、下校路を変更し
危険な場所の近くに住む保護者が子供の無事通過を見届けます。
独居老人のいる家には、近くの企業の社員が積極的に声をかけに行くと決まっているところもあります。
企業の、地元に対する貢献は、お祭りなどへの寄付金だけでなく
そういう人海戦術への参加という形もあるのです。
それはほんの一例ですが、民間レベルだけでなく
公共的にも、木目細かい対策をシミュレーションしておく・・・・

まぁそうなると、色々な不都合もあると思いますが。。。
(事故などの責任の所在や、干渉の程度の問題など)

映画としては、そこまでドキュメンタリー仕立てにすると
本当に教育番組のようになってしまいますが
それでも、実際に政府当局でそれだけ対応できます、というPRとしては説得力があったのではないでしょうか。
災害の大きさに充分見合ったものかどうかは別ですが。。。

日本でも、そういう緊急対応の計画を益々充実させ
それをもう少し確実に市民に知らせる手段があればと思います。

そしてσ(・・*)アタシはまた避難リュックの中味を入れたり出したり・・・に余念がありません( ̄∇ ̄;

テロ特措法

=====引用始め=====毎日新聞

安倍首相会見:退陣示唆発言 与党にも当惑と動揺

 安倍晋三首相が海上自衛隊のインド洋での給油活動が継続できなければ退陣する意向を表明したことに政府・与党内からは10日、「強い決意が発せられた」(大島理森自民党国対委員長)との評価と裏腹に、「戦略なき暴走だ」(自民党幹部)など当惑と動揺が広がった。野党側は理解を求める首相の呼びかけに応えず、反対を貫く方針だ。

 自民党の麻生太郎幹事長は同日午前、国会内で開かれた両院議員総会で、「首相が新たな決意、覚悟を表明された。一丸となってバックアップし、決意に応えていかねばならない」と訴えた。公明党の漆原良夫国対委員長も「不退転の決意で臨むという姿勢を強調したものだ」と語った。

 しかし、テロ特措法の議論を担当する自民党幹部は「これから国民の理解を得る努力をするのに、結論を先に言うような発言は、正直言って迷惑だ」と語った。自民党の加藤紘一元幹事長は「最初から最後のカードを切ってしまった。潔い発言だが、国会戦略、外交戦略としてはもっとしたたかであってほしい」と批判。公明党幹部は「真意が分からない」と語った。

 一方、野党は安倍首相への退陣要求を強めている。民主党の輿石東参院議員会長は10日午前、国会内であった同党の参院議員総会で「総辞職や解散もあり得るが、安倍首相が首相の椅子にいること自体見逃せない。民主党への宣戦布告だ」と激しく非難した。首相が同党の小沢一郎代表との党首会談を呼びかけたことについても、同党幹部は「何を話し合うのか分からない。『協力してほしい』と言うだけなら、会談する意味がない」と否定的だ。

 共産党の市田忠義書記局長は「何が何でもごり押しするという脅しだ。解散総選挙で信を問うべきだ」と批判した。

=====引用終わり=====


安倍総理・・・どーしちゃったのでしょうか
ちょっと不自然な感じがします。
先日オーストラリアかどこかで米大統領と話した時
よほどの事をせまられて約束しちゃったのでしょうか。

もともとテロ特は2年間の時限立法でした。
米の9.11事件について、世界中が「テロには屈しない」という勇気ある決断をし、その中で日本ができることを決めた法律です。
日本の憲法第9条では、戦争放棄とともに国際紛争の解決に武力行使はしないと定めていることから、何度も憲9改正や自衛隊を軍にする話は出ています。
でも、今のところは自衛隊の派遣ということで、非戦闘地域での活動で米軍などの後方支援とか避難者の救済とか、イラク復興支援なんたら法なんてのもあります。

それが既に違憲なんじゃん?という反対意見もある中で、米に協力しないと後で何されるかわかりません的な国益重視の反対意見も飛び交います。
今回安倍首相が頑張っているテロ特無理矢理延長作戦では、インド洋上の多国籍軍艦船への燃料補給サービス、いわゆる「洋上の無料ガソリンスタンド」 これをどうしても継続させたいようです。




(((p(>o<)q))) ギャアアア!!!
この続きを書いたら・・・・サクッと消えた(・ ~ ・)ノぶ ー
もう一度書く気にはなりません(T_T)

ただ、これだけは今日の感想として書いておきましょう

小沢総理か、安倍総理か?国民に問います、と言って負けた先日の参院選。
負けたんだから辞めたらいいのに・・・とは誰でもが思うことです。
それでも続投を決め込んだのに
今頃テロ特が通らないなら「職を賭す」と爆弾発言の安倍総理
おかしいんじゃないですか?
もしかして、年金問題や医療問題や政治と金問題はどうでもよく
米大統領との約束を果たそうという目的で
この時を逃さず、切り札を出してきたんじゃないですか?
と、疑われても仕方ないですよね。

9月9日9時9分9秒だったのに・・・・

Σ( ̄ロ ̄lll)ハッ!!!!

わ・・・・わ・・・・忘れた(*´o`)アウッ!!

ここ数日、ドタバタしていて、今月はすっっっかり忘れてしまいました。

(#´ο`#) はぁ~

また来月頑張ります
10月10日10時10分10秒 (>O<)クゥ~

テーマ : ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!
ジャンル : 日記

台風の被害

心配した庭の大木は倒れずにセーフだったので
(´▽`) ホッとして、他のことに気付きませんでした(;^_^A

実は今回の台風は、今まで経験した中で一番大きかったのかもしれません。

屋根の構造についてはよくわかりませんが
我が家は切妻屋根で、側面の破風板? または鼻隠し?の部分で
打ち付けてある板の化粧板?なんだなんだ?
材質は石膏ボードのようなもの
・・・・・それが剥がれて落ちてしまいました。
一ケ所だけで、しかも2階のベランダの近くなので
何とか届きそうなんですが
どうやって付けたらいいものか・・・( ̄ρ ̄)ハテ?

接着剤? 釘? (-_-;ウーン
それに、同じ大きさと形に作るのはどうしたらいいのでしょう?
大工さんに頼めって?
(#^.^#) エヘッ それを自分でやろうとするのがσ(・・*)アタシの悪い癖かもね(;^_^A
早急に修理しないと雨漏りするとかしないとか
そういう問題じゃなさそうなので
ホームセンターあたりに見に行って
ちょっと研究してみようと思います。

(o・。・o)あっ! 母子家庭だから大変ね、というのではありません(笑)
うちは、元からこういうのはσ(・・*)アタシの仕事でしたからね。

古くなった食器棚を実家からもらってきて
キッチンに合う色に塗装して、流れ星の絵を描いたり
元夫がバンバン買って敷き詰めた庭の芝生の草取りもσ(・・*)アタシ
芝生が伸びて困るので、セッセと芝を刈るのもσ(・・*)アタシ
数万円もする芝刈り機を買ってきたのは元夫
でも買うだけで全然使おうとしないので、結局σ(・・*)アタシが鋏でシャキシャキと。。。(σ(・・*)アタシには重くて使えないのです)
もともと、この家には男手がないのと一緒だし(笑)
それにσ(・・*)アタシは大工仕事や庭仕事が好きだしw

そんなわけで、次の台風が来る前に
庭の大木と破風板?の処理をしてしまおう(* ̄0 ̄)/ オゥッ!!

1m以上もある長い枝が、何本も折れて庭に散乱
お隣さん宅では、カーポートの屋根がバリバリに剥がれてしまいました。
近くのホテルの看板(キラキラ照明付き)が倒れかけて
風にユラユラしていて、落ちたら通行人や走っている車に当たりそうでした。
ご近所の物置も強風で壁が飛んだらしく
老夫婦が脚立で登って修理をしていましが、見ていても危ない感じ。。。
ニュースに出るほどではありませんが
あちこちで、小さいながらも被害が出ているようです。
こんなのは、ここに家を建ててから10年くらいになりますが
初めてのことではないでしょうか。
それだけ大きな台風だったということですね。

台風9号

ずっとTVやネットの台風情報を見ています。
以前日記にも書きましたが
我が家には大木があるのです。
それが、風がうなるたびに倒れそうで(*´o`)アウッ!!

台風がくると心配で眠れません。
今度こそ切ろう思うのですが
2階の屋根より高いので、植木屋さんに頼むとメチャ高い費用がかかります。
お友達で、チェーンソーを持っている人を、ついに見つけました。
借してほしいと願い出たら断られました。
アレは危険過ぎて素人には使えない・・・のだそうです。
イヤ、使えるんだけど、大木を切り倒すという作業は
とても危険なことらしく、下手をすると腕がもげる??とかw
切り倒した木に引っ張られてとても危険なのだそうです。

で、未だに、どうしていいかわからず
台風のたびにアタフタo(+_+。)(。+_+)oオロオロ

この前の4号も大きかったけど
今回はまた風が強くて、今も庭で大木がゴォゴォいってます
o(*><)oブルブル!!

(/・o・。)/ えーっ!! 地震???
TVは(犬HK)台風のニュースのためにつけたままになっていますが
今、突然沖縄で地震です、と。。。
台風じゃないんかい!!

そーいえば、千葉も連日揺れていましたが
いつの間にか地震はおさまりました。
地震だ台風だ!!と休む間もなく天災が続きますが
今のところ避難するほどではないので
このまま無事にやり過ごせるのを祈るばかり。

(´ヘ`;)ハァ でもまだ外はもっのすごい暴風雨
大木が気になって・・・o(;-_-;)o ドキドキ

そんな中、実はσ(・・*)アタシはお洗濯中ってどーよ(笑)

テーマ : (*´д`*)ハァハァ
ジャンル : 日記

墨攻

bokkou01

これはビッグコミックに連載していたもので、久保田千太郎脚本の作品です。久保田千太郎と言えば、水滸伝(≧∇≦)キャー♪
それで以前から見たかった映画の一つでした。
それだけでなく、音楽は川井憲次です。攻殻機動隊のあの素晴らしい音楽を作った人です(≧∇≦)キャー♪民族音楽的な要素もありますが、攻撃のシーンでは打楽器部隊が、進撃の勇ましさをかもし出していて、いつか演奏してみたい曲なのです。


【物語】
今は中国の歴史もの・・・戦国時代です。
梁(りょう)と趙(ちょう)と燕(えん)の国での争いで
粱城(4000人)が、今にも趙(10万の軍隊)によって城落寸前。
援軍を頼んだ墨家(ぼっか)から来たのは、革離(かくり)1人でした。
墨家というのは、非攻をモットーとする謎の団体です。
儒家や道家と時代はほぼ一緒ですが、記録がほとんどないので、その実態は明らかではありませんが
「兼愛」と「非攻」を思想の基盤としています。諸子百家の一つです。

その墨家の墨子である革離たった一人で何ができるかという状態ですが、
革離は優れた策士以上の働きをし、趙軍を追い払います。
趙軍の指揮官の巷淹中(こうえんちゅう)将軍は、敵は革離一人、と激しい攻撃をしかけていきます。

革離の才能と村民からの厚い人望は、梁王の不信感につながり、反逆とみなされてしまい、革離は梁からも狙われたりもしますが、その中でも
逸悦(いつえつ)との恋愛では、思想から反して、彼女の気持ちに答えようとする場面もあります。しかしその結果は、時既に遅し・・・・

【キャスト】
革離・・・アンディ・ラウ(香港の大スター)
巷淹中・・・アン・ソンギ(韓国、シルミドでは最後に人間性をみせる上官役)
梁王・・・ワン・チーウェン(上海生まれ)
逸悦・・・ファン・ビンビン(青島生まれ)

監督・脚本・プロデューサー・・・ジェイコブ・チャン
音楽・・・川井憲次 (イノセンス、GHOST IN THE SHELL攻殻機動隊、デスノート)
撮影監督・・・阪本善尚(男たちの大和、あずみ)
原作・・・森秀樹(鳥取出身の漫画家、サンデーやビグコミックに連載)

原作者の森氏の言葉をちょっと紹介しておきますね。
●●●●●●
墨家というのが本当にあったかどうかはわからない。そもそも始皇帝の存在ですら、兵馬俑が後に発掘されたからわかったようなもので、それに「江戸」は維新後に東京となったが、江戸川などという地名に「江戸」という言葉が残っているので、必ずどこかにその名残は残っているはず。それなのに墨家は何もない。ところが「墨守」という言葉が今でも国語辞書に「守り通す」という意味で掲載されている。その事が「江戸川」や「兵馬俑」と同じ、墨家の存在の名残と感じた
●●●●●●


この墨家を扱ったコミックは、日本はもちろん海外でも大人気となりました。
それを読んでいたのが監督だったのです。
日本、韓国、香港、中国が協力したプロジェクトとして映画が出来上がりました。前評判では「日本が作った」と誤解されたりもしましたが、なるほど、観てみるとそうでもあり、そうでもなし(^^ゞ
ま、どちらでもいいです。その壮大な額を投じてスケールの大きな映画であることは間違いないでしょう。

bokkou02



さて、ここからはσ(・・*)アタシの個人的な感想ですが・・・
σ(・・*)アタシは歴史が好きです。
つか、専門で勉強したわけではないので(^^ゞ
ただ自分の趣味の世界として、今までの人類の歩みの必然を知りたいだけなのですが。
そこには偶然や運命と呼ぶべき事も多々あります。でも、そのジャンル分けには興味はなく、もし自分がその時代に生きていたらどうなっていただろうとか、いつか歴史の一部となる「今」をどう生きていったらいいのか、を考えるよすがとして捉えるなら、歴史は本当に面白いわけで、
その部分で、他の人の歴史観も交えて、勉強になることがたくさんあると思っています。

まだまだ知らないことばかりで、他の誰かと歴史観を丁々発止するには知識不足ですが、それでもそういうサイトさんの意見を読むだけでも実に面白い。
学生時代は、華やかなヨーロッパや、英雄ものや独立ものが好きでしたが、今は逆にモンゴルや中国(難しい漢字が多いのも毛嫌いの理由でしたが(^▽^)ププ )などが面白い・・・と感じるのは歳をとった証拠だと(T_T)←息子談
もちろん、教科書には語られない戦争の歴史も勉強になります。
(面白い、と書くとあまりにも不謹慎のようですが)

このブログでは、映画でしか紹介していませんが、「秦の始皇帝」「史記の○○○」(忘れた)など、読み出したらもう止まらない(T_T)本も、σ(・・*)アタシにとっては趣味となりつつあります。
娘に「ママはアウトドアなオタク」と言われる所以ですな( ̄∇ ̄;アハハ

映画的には、革離のどっちつかずな戦争の仕方など疑問に思いますが、その時の武器の使い方、戦略、「王」の存在など、興味深いところは多く、春秋・戦国時代の五覇・七雄が割拠した時代の面白さは充分に伝わったと思います。
こういうのを書く人、作る人・・・・すごいなぁ。。。

今回はこれ♪

テンプレートはたっっくさんありますね~(^^ゞ
目移りしちゃって、いろいろ見てても一向に決まらず
とりあえずこれに替えました

すっきりしていて長文の記事には読みやすいかと。。。。

季節的にどーよって気もしますが
ま、しばらくはこれで様子をみることに(何の様子かわかりませんが)

(#´ο`#) はぁ~ 前のテンプレート気に入ってたんだけどなぁ・・・
何しろ管理者ページになかなか入れないので
自分でも使いにくいったら・・・f(^^;) ポリポリ

いっその事カスタマイズして自分で選んだ画像を、という方法もありましたが
面倒なので、やっぱり無理(T_T)

そんなわけで、チョロチョロかえて、落ち着きのないことこの上なし
・・・のブログですが、今後とも★⌒(@^-゜@)v ヨロシクオネガイシマス

テーマ : ( ´ー`)y-~ ふー
ジャンル : 日記

テンプレート替えましたが・・・

とても綺麗だったので、ちょっと珍しいタイプのテンプにしました。

そしたら、管理者ページに入れない(T_T)
どーにか入れましたが
すっっごい面倒なのです。
(-_-;ウーン もっと簡単に入れる場所があるんじゃないかしら。。。
ちょっち困っていますo(;-_-;)o
カレンダー
08 | 2007/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
FC2カウンター
最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
リンク
カテゴリー
プロフィール

rakuでっす(V^-°)イエイ!

Author:rakuでっす(V^-°)イエイ!
(o^-^)oイラッシャイマセ~☆

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。