スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蝉しぐれ

semishigure



かなりネタバレですので、これからご覧になる方はご遠慮くださいませ

と言っても、時代劇ですから
ストーリーに大きなネタはありません。
藤沢ワールドではお決まりの「下級武士」のお話で
そこには、武道の骨子の上に人情や悲恋や正義という味付けで
全体が、TVドラマのようにわかり易い展開です。

σ(・・*)アタシが藤沢にのめり込んだのは
お城仕えの武士の生活表現がとても精密だということと
当時の言語に忠実だということ
(これは、山岡荘八郎が最高峰と思っていますが)
また、自分が剣士であったことから、兵法や殺陣の美しさもありますが
何よりも他の作家と異なるのは
山形をこよなく愛し、その自然に対する美の価値観がとても素晴らしいことです。

その部分で共感するものがあったと思われる監督の、
和に対する「美」の感覚が本当に素晴らしいです。
何となく手に取った映画ですが、σ(・・*)アタシには感動の一作となりました。




さて、前置きが長いのはσ(・・*)アタシのブログのいいところ( ´艸`)ププ♪
本題を忘れないうちに、作品の中身をご紹介します。

時は江戸時代。
牧文四郎(市川染五郎(≧∇≦)キャー♪)は、殿のお世継ぎ問題にかかわって「切腹」をさせられた父助左衛門(緒方拳(≧∇≦)キャー♪)に、「剣の道にはげめ」と言われ、道場で修行を積みます。
しかし、謀反人の子として様々な逆風の中で、隣人のふく(木村佳乃)に想いを寄せながらも
そのふくは、殿のお手つきとなり江戸へ・・・そして、側室にまでなり、お世継ぎ問題に関わりながら
故郷で男の子を出産。

父の謀反で、本来はお家取り潰し禄は召上げのところ、筆頭家老里村左内(加藤武)から
牧家は温存、文四郎は村周りの役職を言い渡され、難を逃れるが
その後、それを恩に、ふくの子供をさらって来いと命じられ
文四郎自身もお世継ぎ騒動に巻き込まれる。

それを陰で支えるのが、幼少時からの友人逸平(ふかわりょう・・・案外好き)と与之助(今田???・・・芸人の人、「あいのり」に出てる人)
ふくの周囲警護には、「竜馬」でも染五郎と共演した磯貝主計役の(柄本明(≧∇≦)キャー♪)
文四郎が逃げ込む、元父の部下藤次郎には(田村亮(≧∇≦)キャー♪)
少ない出番が残念でしたが、文四郎の母登世は(原田美恵子(≧∇≦)キャー♪)
ちょい役で(大滝秀治)等・・・・
相当すごい顔ぶれで固めていて
何の前情報もなく観たσ(・・*)アタシは、もう大喜びでした。

黒土監督も、オーケストラを率いた岩代??という人も
今までちょっとジャンルが違う感じの仕事をしていたようでしたが
藤沢ワールドに魅了され、代表作となるようなこの「蝉しぐれ」にはかなり入れ込んだようで
その力強さが伝わってきます。

監督は10年以上の月日をかけて構想・製作しましたが
時代劇は京都、という定説を打ち破り
藤沢の愛した山形の自然を前面に押し出してくれたことに感謝したいくらいです。
月山や鳥海山はもちろん、文四郎が父親の亡がらを荷車で運ぶ坂道
幼友達の逸平や与之助との密談の場所だった老木の根元に流れる川
ふくと数年ぶりに再開した部屋にある調度品や一輪挿し
どれもこれも、一つも手抜きのない設定に、それだけでもう感動の嵐です。

市川染五郎の透明感を期待してのキャスティングだったそうですが
(^・ェ・^)(^._.^)ウンウン 最高~すぎます(≧∇≦)キャー♪
そして、藤沢作品では毎回かなり剣術に重きを置いています。
σ(・・*)アタシはそこが大好きな理由の一つでもありますが
「武士の一分」のキムタクにしてもそうですが
染五郎の立ち居振る舞いを含めた所作のなんと美しいこと。。。
さすが伝統芸能、歌舞伎一家の出身です。
お父さんも素敵だけど、σ(・・*)アタシは最近は染五郎の男らしい美しさ?に惚れ惚れです。

軽輩と見て侮られましたな
無益に人が死にましたぞ
某も降り掛かる火の粉を払わねばなりませぬ
御家老の私利私欲の為に人が死んだのです

・・・違うだろう、藩の為に死んだのだ

御黙り召されっ!!
左様なものの言い方はもはや聞き飽きましたぞ
どうやら御家老は死んで行く者の気持ちが推し量れぬお方らしい

死んで行く者の気持ちとは・・・・

死んで行く者の気持ちとは・・・・




死んで行く者の気持ちとは・・・・









(*`Д´)ノノ/。・:*:・ズバ~ッ!!

詰め寄った文四郎が一瞬にして切り落とした物は、机の脚でした。

「かようなものです。御無礼仕りました」
そう言い残し足早に立ち去ります

(^-^*))。。。きゃぁきゃぁ!。。。((*^-^)きゃぁきゃぁ カチョいいぃぃぃぃぃぃ



もうここまでネタバレしちゃったので、今更観る気にもなれませんよね( ̄∇ ̄;アハハ
でも、個人的にはとにかく素晴らしい作品でした。
やっぱり藤沢はいいわぁぁぁぁ
妻せつとのこととか無かったし
ふくとの再会でのお酒もなかったし・・・
本とは違う設定の場所もいくつかありましたが
それは全く気にならないほどの秀逸映画だと思います。

ただ評価はそれほどいいわけではなさそうです。
不評の内容は・・・
太刀回りで、スプラッタみたいな血しぶきが不自然だとか
決闘シーンがあっさりしすぎてるとか(決闘相手は緒方拳の次男)
(* ̄- ̄)ふっ・・・そういうところでこの映画を観てほしくないわぁぁぁ(^^ゞ
まず藤沢の「蝉しぐれ」ですよ
原作の時代小説としての完成度がありながら、藤沢ワールドを壊さず、映画の迫力を残しつつ
監督も頑張ったんだなぁというあたりで、まず成功を感じます。
というような、σ(・・*)アタシの勝手な感想ですけどね(*^-^*)ウフフ♪
ま、いいです、よそ様に理解されなくても。。。



一人で豪語するのもアレですが(;^_^A  何度も繰り返し観ちゃった梅雨の夜・・・なのでした。








スポンサーサイト

場外乱闘に思うこと

====引用始め======Y!ニュース

対北朝鮮外交を巡り、自民党内で強硬派の安倍晋三前首相と柔軟派の山崎拓前副総裁が互いを批判し合っている問題で、山崎氏は21日、「北朝鮮の核問題で重要な展開がある。もっと大きく国際情勢を見て日本の平和と安全を確保すべきで、足の引っ張り合いをやっている時ではない」と、安倍氏に自制を呼び掛けた。福岡市内で記者団に語った。

=====引用終わり=====



拉致問題では、北朝鮮が再調査をすると言い出したニュースがありますが
もう誰もそんな調査結果は信用しないことは容易に想像できます。
日本は、経済制裁の解除という方向に向かっているようですが
それは、「対話」重視だからではないはず

「圧力」と言う安倍前首相、「対話」と言う山崎前副総裁・・・(-_-;ウーン
胃が・・・・と言って病院に逃げる安部、女性関係が何より大事?な山崎・・・・( ̄‐ ̄)んー


安 : 政府の交渉より甘いことを言っても、百害あって一利なし
山 : 圧力圧力って幼稚な考えだ
安 : 百害あって利権あり
山 : 利権政治家ではない。誹謗中傷する人格を疑いたい。政治生命にかかわる。名誉棄損。
安 : もっと勉強すべし
山 : 撤回と謝罪を求める
・・・・・・・・・・・・・・・・・


自民党内でも「議員としての品性、節度、矜恃、使っている言葉によってその人が評価される。
お互い言いたいことを我慢する修練を積んでいるのだから自己抑制をしてほしい。」とか
「どっちもどっちだ」と呆れ顔
そりゃそうですよね。
真意とは別の、ケンカでよくある売り買い言葉の応酬になった場外乱闘には
情けなくて笑うこともできません。

同和会、人権擁護法案関連の顔ぶれがチラホラするのもいただけないけれど
福田政権支持率が下がる一方で、拉致問題は選挙のマニフェストにもあったはずなのに
解決に向けての前進どころか、後退とすら思える現状
「再調査」って、かの国で納得いくような調査をするとは思えません。
日本人調査団でも派遣しますか?
もしかして、それが山拓日朝議連??? (一。一;;)エッ?
政府認定でも20人近く、実際に失踪したのは100人くらい・・・も誘拐しておいて、拉致ってなんかいません、と言っていた北。。。
時間が経ったら、やっぱり拉致してました。でももう亡くなりました。と言い替えた北。。。
更に、拉致事件のことはもう謝罪しましたよ、解決済みですよ、と平気な北。。。

よど号犯帰国? でも実際には「返還」とは言ってなくて、「協力」と言っています。
協力って何??( ・◇・)謎?  

これらの事は、「対話」を持続させた結果で少しずつ状況が好転した、と判断する人はいないでしょう。
(「圧力」による効果かどうかもわかりませんけどね(^^ゞ・・・)

自分さえ良ければ・・・の代表選手米国の、ライス国務長官が
核計画の申告書を提出すれば、テロ支援国指定解除をするかもよ、などと言っています。
拉致はテロ行為じゃないらしいです。拉致問題は興味ないっていう意味です。
もうラーメン国務長官に名前を変えたらどうでしょうか(^^ゞ

過去には、北を世界四大凶悪国の一つとしていた米国が
最近やたら仲良しな感じなのはなぜでしょう。
平和的対話の外交により、理解しあえるお友達になったとでも???
申告書提出などではなくて、施設を破壊せよ、と言うかと思いきや・・・・
気に入らなければ戦争を仕掛ける国だったはずじゃ・・・

きっと、何かあるんでしょ?? それぞれの思惑が。。。
まぁ、国内外問わず、外交に取引は不可欠だと思いますが
拉致被害者や家族がどっぷり深みにはまり、政治的に利用されるのは切ないですね
  吾日暮れて道遠し 故に倒行してこれを逆施するのみ
とならない事を祈ります



不謹慎ですが(^^ゞ

岩手宮城内陸大地震に関して
連日報道されているところですが
被災された方々には、本当にお気の毒だと思いますし
余震も続く中、まだまだ大変な生活を強いられていると思うので
精神面のケアを含め、一日も早い復旧を祈るばかりです。


そんな中で、大笑いをするのは
大変不謹慎かと存じますが
これは苦笑いでは済まされず
思わず ( ´艸`)ププ♪と笑ってしまう出来事がありました。

ある報道番組で(忘れましたが)
アナウンサーが緊張感溢れる様子で地震関連のニュースを伝えていた時です。
「土砂崩れダムで、二次災害の発生」と言うべきところ・・・

そもそも「土砂崩れダム」という言葉が言いにくいです。
地震のメカニズムとか解説していた評論家のような学者の先生も
「土砂崩れダム」と言い難くて、「どさくずれダム」と言っていたくらいなので
このアナウンサーは、きっとかなりこの言葉にナーバスになっていて
必要以上に活舌に気を使っていたのでしょう。
「土砂崩れダム」にばかり注意力が向いてしまい
それが上手く言えた瞬間に、その後のサ行の連発には気が緩んだか・・・・・






「土砂崩れダムで、にじしゃいがいはっしぇ~
と。。。。∑( ̄□ ̄ノ)ノ!


( ´△`) アァ~ア やっちゃったぜ・・・
にじしゃいがいって( ´艸`)ププ♪
はっしぇ~って( ̄∇ ̄;アハハ


現地リポーターの人は、それを恐れてか
「土砂ダム」と省略形を使って賢く乗り越えていました。

緊急時のニュースは、事前に読む練習をする時間もないでしょうし
次々に「新しい情報が入りました」と、初見で読まなければならないことも多いでしょう。
でも、「慌てず落ち着いて行動してください」と言う前に
まず自分が落ち着け~(^^ゞ みたいな。。。。








それはさておき、地震大国日本・・・・阪神淡路や新潟県中越などの教訓
または台風などの災害での教訓から
救援活動も、かなり向上してきたのが画面上でもわかります。
あまりTVでは流れない映像ですが
バキュームカーによる手作りトイレの汲み取り作業や
バイク便を仕事としている人達が、危険な現地での情報伝達に大いに活躍したり
普段はアウトドア派の趣味で集うグループが
素早いテント張りをして回ったり、屋外での食事を手伝ったり
その多くはボランティアで、本当に頭が下がります。

自衛隊や災害救助隊に所属しなくても、自ら現地におもむき
それぞれの立場で時間と労力を惜しまず、救援活動に参加する・・・
これは、災害の多い日本人の経験からできることではありますが
それ以前に、相互協力意識の高い国民性もあるかもしれません。

暇なワイドショーが、競い合って凶悪犯罪のスクープ写真やお涙頂戴秘話をかき集めている間
または、今まさに生死を彷徨っている怪我人を必死で救助しているその周りで
群がって携帯で写真を撮っている野次馬を映し出す間
民間人でもたくさんの救援活動に携わっているこの現状から
何か魂に訴えてくるものは感じませんか?
報道の役目として、もっと重要なことに目は向けられませんか? と問いたくなるのです。

救援物資と書かれたテントが横流しされている、とか
山積みの義援物資の管理ができず、緊急に必要ないものは現金化して良し、との許可をいいことに
その一部を着服して自分の生活用品を購入し、領収書を改ざんしたり、とか
その後の四川省大地震でも、様々なウワサが飛び交っていて
実際どこまで本当なのか、大陸の不思議な言動には疑惑がつきまといますが
日本の災害救助体制は、世界でも誇れる技術やシステムの高さがあるのですから
是非、その名を汚すことのないような政府の対応、迅速な救助活動、偏らない報道を
いつの時も怠らずに対応してほしいと願います。





壊滅暴風圏カテゴリ6

f6


またまたパニック映画です。
σ(・・*)アタシはそもそもこの類の映画が嫌いではないので
新作とか人気映画でなくても、目に止まればほとんど見ています。
現実にはありえない状況でも、一応リアルで台風や災害に遭遇した時に
何か役に立つのではと考えているわけです。
でも実際には、そう上手く問屋は卸さない(^^ゞ
きっと、パニックになってしまうんでしょうけどね


さて、今回の映画は製作2004年ですから、そんなに古くはありません。

俳優人もなかなかの豪華キャスト
監督はディック・ローリィ
出演は「遥かなる大地へ」などのトーマス・ギブソン  
「インディペンデンスデイ」のランディ・クエイド 
ブライアン・デネヒー など 

地球の異常気象から、特に竜巻を取り上げていますが
映画の流れとしては、シカゴの竜巻での被害として停電に注目しています。

猛暑続きの関係で電力需要が膨れ上がり、電力会社も限界ギリギリの供給を続けている時に
電力会社の、安全を無視したシステムを悪用して、ハッカーが侵入し、突然不自然な停電を起こす
そこへ、この竜巻被害でシカゴは大々的な停電へ。。。

機能しない信号機による交通事故や、救急車や救助を呼ぶ電話もかけられない
家族の安否も確認とれず、被害状況も把握できない
妊婦がエレベーターに閉じ込められたり、ライフラインはズタズタに寸断され
銀行では防災シャッターに閉じ込められた挙句、彼女にふられた男が事件を起こす
外は最大級の竜巻が都市を壊滅状態に破壊していく
もう逃げようがないですね(´д`)ハァ~

でも、この手の映画にストーリー性を求めるのは無理(^^ゞ
それよりも、やはり3流だなと思わせるのは
もともと長い長いTV映画(170分くらい)だったので
撮影もぬるい部分が各所にあることです。
σ(・・*)アタシは最初から承知の上で見ているので
あまりガッカリもしませんが
つか、覚悟の上だと、なかなかよくできた映画とさえ思ってしまいます。

あの不倫相手はどーなったのか? とか
撃たれて意識朦朧となった少女が、支えられてはいたけど歩けるのは何故?とか
気象観測の命を言い渡された空軍の弟が
壊滅状態で瓦礫のヤマと化した道路を車で逃げてくるリポーターの姉や妊婦の妻を救助するために
使われていない滑走路に無事に着陸できるのも変だし(;^_^A アセアセ・・・
突っ込み処は当然満載なわけですが
そういうところに着目してダラダラ言うつもりはありません。
なので、この「壊滅暴風圏カテゴリー6」に対して「カテゴリー7」もありますが
それも見てみようと思っています。

日本人の藤田教授による竜巻強度を表す「藤田スケール」は有名ですが
15年くらい前? 死者も出た千葉県で起きた竜巻で「F3」
映画「ツィスター」でも「F5」←最大風速150mくらい

次作の「カテ7」は一体どういうことになるのやら。。。
中国四川省大地震やミャンマーなど、
また国内でも現在九州地方に140mmの大量な雨・・・
今年はもう台風も史上初の大量発生
アメリカ東部で37度の猛暑に対し、反対側では降雪
もう地球は「青く美しい星」ではなく、赤く危険な星なのでしょうか
災害は起きないのが一番ですが
事前に予測困難で全面的に受身であることから
パニックになるような過剰な危機感は避けなければなりませんが
より正しい情報で危機的意識を持つことが大切だと思っています。



ガ━━━━Σ(・ω・;)━━━━━ン

( ̄_ ̄|||) どよ~ん

わ・・・忘れました、完璧にw

今回は、翌日思い出すこともありませんでした(*ノ_<*)エーン

きれ~~~~に忘れましたとも(T_T)



6月6日6時6分6秒・・・・・( ´△`) アァ~ア

記念植樹

σ(・・*)アタシは今あるものを探しています
今から21年前、第一子である娘が誕生したときに知ったあるキャンペーン
それは「誕生記念植樹キャンペーン」というものでした。

記憶は定かではありませんが
それは地球環境を考えたキャンペーンで
森の木が伐採され、多くの森が死んでいく中
植樹をすることで森林を守り、環境破壊を防ぐ一端を担っているという感じの企画でした。
この企画に、出産を終えて親となったことをきっかけに
21年前σ(・・*)アタシも参加することにしたのです。

いくらか(数千円)を振り込むというだけのことでしたが
プラスティックのケースに入ったメダルのようなものが
記念に送られてきました。
そこには娘の生年月日と名前が刻まれていましたが
苗字の漢字が誤字で、ちょっと残念(;^_^A

その後、このメダルのこともキャンペーンのこともすっかり忘れ
時々整理をしていると目にするメダルも
何度か保管場所を取り替えているうちに
どこかに無くなってしまいました(;´▽`A``

数年前に出てきたとき、「お誕生記念だから」と娘に手渡したらしいのですが
娘も、それが植樹記念だということも知らず、時は更に過ぎ・・・

今日は、何の日なのか、TVではエコ関連の番組ばかり
それで、ふとそのメダルを思い出しました。
娘が言うには、確か数日前にそのメダルを自分の部屋で見たと。。。
「苗字が違ってた」というのです。
∑(・o・;) アッ それそれ!! まさにそれが記念植樹の証のメダルです。

で、生まれた時にそういうキャンペーンがあったことを知り
σ(・・*)アタシが申し込んだという話を教えました。
植樹の場所もどこだか覚えていませんが
とにかくその年に参加した人達の苗木を植え
そこが公園のようになっていて
いつか成長した子供を連れて遊びに行けるという設定になっていたことを話すと
娘は、その木を見に行きたいと言うのです。

確か、一本ずつの木がその子の所有というものでしなく
そのあたり一帯が、その年に参加した人の木、というものだったと思います。
木に名札をつけちゃったりして、もしその木だけ枯れたらまずいですからね。

まぁ、そんな21年前のことだから、今はもうその会社自体が無くなっているかもしれないし・・・
と思いつつ、ちょっと調べてみました。

そしたら・・・・w(。・o・。)w オォ- ありましたありました。
21年前に参加したこのキャンペーンは、いまだに続き
しかも去年、その会社が50周年を迎え
社長をはじめとする社員がその場所に集い
50周年記念の植樹をしたという記事が載っていました。
場所は茨城県だったようです。

近いじゃんヾ(@^▽^@)ノ
今度、是非娘と一緒に行ってみようと思います。
(* ̄ρ ̄)”ほほぅ…このキャンペーンは21年間続いている・・・・・
つまりσ(・・*)アタシが参加したのは第一回だったのね(*^-^*)ウフフ♪

それまでに、何とかそのメダルを探し出したいと思います。

久々のライブ

小松亮太というミュージシャンをご存知でしょうか
バンドネオン奏者では、若いけど第一人者です。
ビジュアル的にも(o^-')b グッ!
でも、σ(・・*)アタシが期待していたのは、「タンゴ」っていうことです♪

ヨーヨーマのCMでちょっとメジャーになりはしましたが
(・"・?)ゞ エートォ リベルタンゴ
「でもそれはやりません」と言いつつ(笑)
結局演奏してくれました( ´艸`)ププ♪

編成は・・・
バンドネオン、ピアノ、ベース、パーカッション、E・ギター、ヴァイオリン2、チェロ、ビオラ

以前、桑山さんという人のボタン式ベルギーアコーディオンのライブに行きましたが
それともちょっと違う、アルゼンチンタンゴの3-3-2的なとても感動的な音楽です。

σ(・・*)アタシはあまりタンゴは知りませんが
ピアソラの曲は本当に有名ですよね。
彼が亡くなってからは、いろいろなプレイヤーが演奏していますが
実際亡くなってからの方が有名になるという・・・
画家と同様に、没後の方が価値が上がるのでしょうか(・・?

パーカションは佐竹さんという人でしたが
(・・?..)?アレレ??  どこかで見た(聴いた)ことがある・・・・けど、どこだったかしら???
2曲目(曲名忘れました)の彼のジャンベは素晴らしかった(≧∇≦)キャー♪

まぁ、アルゼンチン発祥ですから、アフリカ系の楽器が入ったりもするし
キューバのハバネラあたりの融合もあるみたいなので
いろいろな打楽器が入ることが想像できますが
その割には、打楽器はあまり活躍しないところが、タンゴですな(*^-^*)

場所は、イクスピアリのクラブでした。
前に、○羽君の素晴らしいティンバレスを聴きに行ったときは音響は悪くなかったと記憶してますが
今回は、ハウリング? ベースの音がガウガウ割れてちょっと残念でした。

どんなジャンルにしても、とにかく達観した大人の芸術はいいですね。
だからσ(・・*)アタシは、技術だけ上手い子供の演奏はあまり好きじゃないのです。
よく、天才○○奏者というのがありますが
仕事が終わった後、お酒を片手に有料で聴く音楽ですから
音の向こう側に見え隠れするその人の人生をも、楽しませてくれる大人のライブが好きです。

もちろん、お酒抜きで大ホールで聴くオーケストラのクラシックとかも好きですけど。。。
∑(・o・;) アッ だけど、オケのコンサートって、やっぱりチケット高いですよね~(T_T)









梅雨入り

6月になり、テンプレートを変えようと思いましたが
気に入ったものを探す時間がなく
とりあえず「魔女」系に一度はしてみたものの
字が小さくて自分でも読めない(ノ_<。)うっうっうっ

それで、またまた変えました(;^_^A

先日あるライブに行ったので
その記事を書こうと思っていましたが
メールチェックとかスケジュール調整とかしていたら時間がなくなり
新しい記事の更新は、またこの次・・・ということで(;^_^A

でも、生存確認のため( ̄∇ ̄;
今日の記事だけアップして、それではε=ε=ヽ*^∇^)ノ イッテキマース♪
カレンダー
05 | 2008/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
FC2カウンター
最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
リンク
カテゴリー
プロフィール

rakuでっす(V^-°)イエイ!

Author:rakuでっす(V^-°)イエイ!
(o^-^)oイラッシャイマセ~☆

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。