スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チェ・ゲバラ&カストロ

castro2



キューバンラテンのテイストで世界を見るのも悪くない、ということで
珍しいDVDを手に取りました。
ゲバラは日本でもまぁまぁの知名度だし
カストロ議長の死亡説に踊らされることのないキューバの人と
亡命者だけがお祭り騒ぎという理由なども知りたいかなと。。。
いや、そもそも革命なんぞで国家をひっくり返すこと自体
σ(・・*)アタシにはとんでもないことなのです。
でも、実はそういうのもアリ・・なら、その背景を見てみたいと。。。

でも、製作アメリカ? ( ̄∇ ̄;ダメかもw

結論的によくわかりませんでした……(o_ _)o パタッ

★あらら、英語だし

★タイトルは「ゲバラ」が先なのに、実際はカストロのお話でした。

★カリスマ革命家としては、資金調達も仕事のうち。でも、人妻に手を出し女の子を産ませています。
他にも同士として何度も助けてくれる女性との関係も(・"・;) ウッ!!
革命家は好色? そっちに話をもっていかないでほしいなぁ。。。
このあたりは映画の脚色なのでしょうか?

★スペインから独立したものの、アメリカ大好きバチスタ政権は元気一杯。武装蜂起した革命軍は最初の突入で失敗し、仲間を失い、メキシコに亡命。そこでゲバラに出会い、更にゲリラ農民と結集、グランマ号というボロ船一艘でキューバに入る。
このあたりのテンポはよく、流れとしてはいい勉強になります。

★実際、革命は成功し、ハバナに入城したカストロは、バチスタ政権を倒しました。でも、お得意先をアメリカからソ連にしたまでのこと。
気分を害したアメリカはキューバに意地悪をします。
社会主義を宣言し、ソ連はキューバにミサイル基地を建設します。
(・・。)あら? そっちかい(>_<)ウウッ
それがアメリカにばれてしまい、ケネディが、「もし撃ってきたらソ連 に報復するぞ~」と怒ってしまいます。
世界中が震撼とします。これがキューバ危機・・・



このあたりでは、映画では何が何だか映像的にグチャメチャっぽくて
よくわからなくなってしまいました。
どこまでが映画で、どこまでが史実に基づいているのか(?_?) またどこまで本で読んだ知識だったか・・・
というわけで、カストロの革命が成功したところまでで、お話は終わりだと思えば問題はありません。
ゲバラも元気にボリビアだったかな? 旅立っていきました。

 

民主主義を目指そうと社会主義宣言しようと、国民は極貧から解放されればよかったはず。まず家賃を半分にします宣言には同意しても、それ以外のことではあまり興味もしめさない明るい?性格なのでしょう(^^ゞ

正しい指導者というのは難しいですね。権力を得てからの人格は維持できないものでしょうか。
それを恐れたのか、カストロが選挙を避けたのは、ある意味いい読みだったのかもしれません

コメント

酔っぱらい来ました!

私も以前にゲバラについて書いたことがあります。
もっともゲバラ贔屓に話していますが。
http://blog.goo.ne.jp/jj1955ph/s/%A5%B2%A5%D0%A5%E9
良かったら見てくださいね。
(rakuさんよりずっと軽いノリですが)

>JJさん コンバンハ ヾヾ(*^▽^*)〃〃
w(。・o・。)w オォ- ゲバラの命日だったんですか
TBさせていただきました。
やっぱりゲバラは人気ありますよね。
革命はかくありき・・・の基本路線なのでしょうか。
本人もそうですが、映画のゲバラ役も、カチョいい人でした。
カストロと弟のラウルとゲバラの3本柱、頭脳明晰な革命の顔ですね。

Re:チェ・ゲバラ&カストロ

メッセージをどうぞ
Secre

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
リンク
カテゴリー
プロフィール

rakuでっす(V^-°)イエイ!

Author:rakuでっす(V^-°)イエイ!
(o^-^)oイラッシャイマセ~☆

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。