スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤い月

赤い月

中京合作のプロパガンダ映画を見ました。
まさかこんな内容だったとは・・・・(・"・;) ウッ!!
もう何だか矛盾だらけで
常盤貴子のイマイチな感じにイライラしながら
途中で何度やめようと思ったことか。。。

でもきっと最後まで見たら何かあるだろうと思っていましたが
最後まで(*´o`)アウッ!!(*´o`)アウッ!!しながら終わりました。

なかにし礼という人が、そもそもあまり好きではないのですが
小説は直木賞とかもらってるからいいかな、と安易な考えで
ビデオ屋さんで選んでしまったのが赤い月・・じゃなくて運のツキ(^^ゞ



日本がつくりあげた傀儡国家の満州に
続々と本土から日本人が押し寄せ
政治・経済にと豪腕を振りかざす中
森田一家も酒造会社で財を成していました。
現実の戦況は思わしくなく、ソ連軍に攻め込まれ
いよいよとなると関東軍に紛れ波子(常盤貴子)母子も
「生きていれば何とかなる」とハルピンに逃げます。

日本人の使用人にも一緒に逃げようと言いましたが
彼らは「お国のためにここで死ぬ」と。。。
その使用人に対して「じゃ勝手に死ねば」と言い放つのです。
Σ(- -ノ)ノ エェ!?

で、中国人の使用人は
「奥様の言う通り、私、一緒に逃げるアル」みたいなΣ(- -ノ)ノ エェ!?
なぜに中国人がその台詞を言うの???
逆じゃん??

でもまぁ、それはそれで流れ的には諦めもしますが
ハルピンでは母子で「マッチ売り」ならぬ「タバコ売り」で何とか生計をたてて暮らしていました。
そこに、アヘン中毒になった関東軍諜報部員的な氷室という男に再会します。
以前から好きだった男の変貌ぶりに、「私が治してみせる」と。。。
で、タバコ売りは幼い子供二人に任せΣ(- -ノ)ノ エェ!?
自分は一日中禁断症状と戦う氷室につきっきりΣ(- -ノ)ノ エェ!?

ある日、「生きてください。私の中で人生を取り戻してください」と
激しいベッドシーンです「(≧ロ≦) アチャー
それを子供に見られΣ(- -ノ)ノ エェ!?
飛び出す子供を追いかけたのはいいのですが
5歳くらいの男の子は鉄道に飛び込みそうに呆然と立っていて(謎)
その子に追いついた波子は男の子を抱きしめる・・・・
その子の台詞が「僕もう疲れちゃったよ」ってヾ( ̄o ̄;)オイオイ

それを聞いた波子は「ごめんね」とか言うのかと思ったらさに非ず(疑)
更に追いついた娘に
「お母さんが悪いのよ、お父さんが亡くなってすぐに
あんな男を好きになるなんて」と言われ
「生きていくには愛が必要なの」と力強く言いますΣ(- -ノ)ノ エェ!?

なんですと???
命からがら逃げてきて、力を合わせて母子で暮らしていて
戦争や国家の事情とは裏腹に
命を大切に、とにかく生き抜こうっていう映画なんじゃないの?
いつか国に帰れる日まで力強く生き抜いていく女の生涯って設定じゃないの?
やだぁぁぁぁ!!こんなの(>_<)ウウッ

夫は、満州で築き上げた地位や財力を無くした時
今まで自分は満州で一体何をしてきたんだろう、と嘆きました。
その時も、満州なんてただの夢だったんだと波子は言います。
また一から出直しましょうと夫を励まします。
夫は最期は、自ら降伏して捕虜としての労働に加わり
肺炎か何かで亡くなりました。
その数日後に、別の男のために。。。(-。 -; )チッ ありえない

(o・。・o)あっ!そう言えば
昔の恋人・陸軍中佐の大杉(布袋なんとか)ともアヤシイ夜を過ごしています。
恋愛に対して自由奔放な女の一生の映画だったの?

中国人が戦争に勝った勝ったヽ(^◇^*)/ワーイみたいに
小躍りして喜ぶシーンも不自然な感じだし
中国人が日本の軍人に対して「親友」と称して命を助けるのも、ねぇ・・・

夫の死を「立派な最期でした」と言う中国人も変だし
その言葉に対して
「お国のためにこんな帽子一つを形見に残して死ぬのが立派なんですか?」と波子が叫ぶのはいいけど
子供の前でエッチしてちゃ言い訳できないっしょ(´-`ハァー

五国協和・王道楽土を謳われて一攫千金を目指して大陸に渡った満蒙開拓団ですから
今更、国に騙されたと騒いでも始まらないわけですが
そういう意味で、波子は満州にはあまり良い思いを抱いていない設定だったはずです。
それなのに日本への引き揚げの時に(映画の最後のシーンです)
「ありがとう・・・・満州」と呟きますΣ(- -ノ)ノ エェ!?

ずっっる~~~い!!(-"-メ)

つか、わけわかんな~い(●`ε´●)ブーッ

だめだ、こりゃ。。。三流ですな(^^ゞ


テーマ : (´・ω・`)
ジャンル : 日記

コメント

えぇ~!

そんな内容なんだ?
知らなかった~私もいつか機会があったら見よう!って
思ってたんだけど…もう、良いかな(^◇^;)
私もてっきりタバコ売りしながら祖国へ戻る夢を見ながら一生懸命に生きる女!忍び寄る悪い誘惑を交わし、華麗に生きる女の一生!なんて、勝手に思ってた( ;^^)ヘ..

満州はさ、ばあちゃん満州電々にじいちゃんと技術者で行ってたのよ。だから、これは見なくちゃ!なんて思ってたんだけど…

ちなみに…黄金の満州時代…。
中国人は、ご飯が配給なので、並んでもらって食べるのよ…

おばあちゃんは家にある食べ物をみんなに上げてたんだってさ。良い人だ~ってここだけ聞けば思うでしょ?
でもね…ばあちゃん…天然なのか、なんなのか…
配給って凄く並ぶじゃない?凄く並ぶ=美味い!
と思ってたのか…中国人と一緒に並んで食べてたんだって…(^◇^;)

初めて聞いた時飛び上がったよ…
天然にもほどがある…って…

超弩級の

いやあ、すごい駄作があったもんですね。
三流なんて言ったら、ほかの三流映画たちが激怒しますよ。

ともあれrakuさま、人柱、ありがとうございました。

映画でへたれになる代わりに、rakuさんの紹介文で楽しめるなんて、なんてブログって素晴らしいんでしょう!!

Σ(゚ロ゚;ハッ!?

しまった~(;^_^A
あんまりつまらない映画だったもので
うっかりネタバレ全公開記事を書いてしまいました。
маレ|Д*ちゃん いつか見る予定だったのに
ごめんなさいね~m(_ _)m
とってもいい映画だったわよ(遅っ

あのね、もう一つ・・・映画じゃないんだけど
流浪の王妃とかなんとかいうタイトルのドラマ
ホラ、よくある二夜連続特別ドラマみたいなヤツ
常盤貴子が、新王朝最後の皇帝溥儀の弟の奥さんの役で
あれも同じ時代設定のストーリーなんだけど
σ(・・*)アタシ的にはあっちの方が好きです。

無理には言いませんが
お詫びのつもりで、それを紹介させていただきました。
つっても、お詫びになってないわねf(^^;) ポリポリ

ところで、маレ|Д*ちゃんのお爺ちゃん・お婆ちゃんは
満鉄で働いてたの?
じゃあ当時のことはいろいろと詳しいのね。
現地の貴重な体験談を話してくださる高齢者が少なくなった今
そのご苦労は筆舌に尽くしがたいものがあるのでしょうね。
いろいろと勉強することがたくさんあるような気がします。

f(^^;) ポリポリ

>にゃごにゃさん
五流映画くらいにしておきましょう(;^_^A

でももしかしたら、常盤貴子ファンの方には叱られるかもしれませんね。
どうも、同じタイトルとストーリーで
高島礼子主演の映画もあるようですが
細部は微妙に異なっているそうです。
役者もそうそうたるメンバーのようで。。。

ネタバレになりついでに・・・・
布袋なんとかっていう人は
ミュージシャンとしての才能はあるかもしれませんが
俳優としては、ちょっと出てきてほしくない感じ(^^ゞ
以前、任侠映画にも出演していたらしいですが
今回の役はちょっとアレな気がします。

それもこれも個人的な感想ですから
もちろん、どなたにも共通の感想ではないと思いますが。。。

まぁ、ヘタレなσ(・・*)アタシのブログでの個人的感想ですから
何かの機会にもしご覧になったら、感想を是非聞かせてくださいませ

って散々三流だ五流だって書いておいて
「感想を」って言うのも矛盾してますねm(_ _)m

ちゃうちゃう…

満鉄じゃなくて、満電。

電電公社の技術者。

じいちゃんはもう死んじゃったから聞けないけど
ばあちゃんから話聞いても配給の話しかしないんだけど・・・(^◇^;)

みんな良い人だったよ~中には悪い人もいたけど~
なんて…話以外、もう覚えてないみたい( ;^^)ヘ..

(≧◇≦)ワハハ

ですよね~(^^ゞ
だって年代からして「満鉄」にいたって
(・"・;)エッ 何歳?って思ったもの・・・・・orz
( ̄∇ ̄;アハハ

σ(・・*)アタシねぇ、"○"ちゃんのコメント(маレ|Д*ちゃんのとこの)を読んで
「ヘボイ」の「ボイ」だけ形容詞的用法になってたのには
ε=(>ε<) プッー!ってなって
どうレスしていいものやら(笑)
そのまま逃げ帰ってしまいましたが
やっぱりσ(・・*)アタシも、同じ畑だったのね
つか、σ(・・*)アタシの方が筋金入りかもなんて思ってしまいました。

(^・ェ・^)(^._.^)ウンウン 満鉄なわけないわよね~(爆)

でしょでしょ

種類はちょっと違うかもしれないけど
同じ匂いしてるでしょ♪
(o_ _)ノ彡☆ポムポム

ボイコンガ…どんな遊びだろう♪
きっと楽しそう♪
でも、どこからアフリカが出てきたのか…(^◇^;)

うちは親戚一同みんな電々ですわ~。
そしてみんな脳天気な食いしん坊♪

お早うございます^^

さすがRakuさま。守備範囲が広く、深い!
いつも、勉強させて頂いております。
自分に自信のない分、確認用としても?^^

ご自分に厳しい生き方をしていられる方であればこその感慨でもありましょうね。

新しい遊び

ボイコンガには非情に興味があります(笑)
しかも、なぜにアフリカだったんでしょうね(^^ゞ

きっと芸術家さんのそういう思考とか発想が
素晴らしい作品を生み出しているのかもしれないわね

(・・。)ん?
ってことは・・・???
ひょっとしてσ(・・*)アタシも芸術家の素質が・・・???

((-_-。)(。-_-))ウンニャ
種類が違うからダメね(ノ_ _)ノ ドテッ!!

muuminさん

( ‘∇‘ )ノ” コンチニハー
他人に厳しく自分に甘いのが
こういう生き方を選び こういうブログになちゃうんですよね(^^ゞ

でも、いろいろな人生を同時に体験して進行していくことはできないので
本や映画などで折に触れ考えることで
自分にはできない事を模擬体験するのが楽しいんだと思います。
よそ様のブログに遊びにいくのも
その延長ですね。
muuminさんのところでは、かわいいワンちゃんが出迎えてくれるので気分も解れ
又、季節の移り変わりを知ったりします。
そして、つい緩みがちな自分を省みる手がかりとさせていただいています。
Secre

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
リンク
カテゴリー
プロフィール

rakuでっす(V^-°)イエイ!

Author:rakuでっす(V^-°)イエイ!
(o^-^)oイラッシャイマセ~☆

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。