スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誤認逮捕で思うこと

2006年6月に起きた交通事故の誤認逮捕です。
世田谷でパトカーに追われた犯人の車は、信号無視などの暴走をした結果、バイクの男性をはねて重傷を負わせ、更に逃走しました。

8月・・・岩手県で船の塗装の仕事をしていたSさんのところに、警察が来て、Sさんは突然道交法違反の罪で逮捕されました。
Sさんは、家族の面会も許されず接見の弁護士だけが頼りでしたが、一貫して無罪を主張。

起訴については、Sさんの友人二人の証言だけで、物証はありませんでした。その友人の証言は、Aの『運転はSさんで自分は助手席に乗っていた』というものと、Bの『自分は後部座席に乗っていた』というものです。ドンと音がして事故を知ったが運転手のSさんはすごいスピードで逃げた、と二人の証言は一致していました。

追跡したパトカーの警察官の証言で『搭乗者は二人』というものがありますが、それに対して証言者Bは『自分は後部座席で横になっていた』と言いました。

追跡を振り切った暴走中の車で、後部座席でずっと横になっているのも不自然ですが。。。

裁判では、Sさんに威嚇されるのが怖い、と言う証言者を守るために、つい立てが用意され、Sさんから見えないような配慮までしていました。

しかし、Sさんの仕事仲間と幼馴染みの友人二人は
『Sさんはそんなヤツじゃない』と無実を訴えるSさんを信じて、個人的に捜索を始めていました。

そこでわかったことは・・・・・証言者二人の嘘の証言でした。
事故の1週間後に、彼らは自分の友人に『事故を起こした』『ヤバイ』
『○○峠に車を捨てに行く』などと話していたというのです。

Sさんの友人は、30~40回もその峠に行き、投棄された事故車を探しました。山道からすぐ下の見えるところに、その車が捨てられているのを約2ヵ月後に発見しましたが、信用できない警察には言わず、弁護士に報告しました。

そこから再捜査が始まり、最後に二人の証言者が自供し、Sさんの無実が証明され釈放。
不当な10ヶ月間の勾留に対して、東京地裁に呼ばれたSさんに、警視庁や地検検事側は「どうもすみませんでした」と二度頭を下げたということです。

嘘の証言をしてSさんのせいにし、自分達の友人には口止めまでしていた二人の真犯人は、上告までしましたが棄却。
Sさんは仕事も失い、このことは許さないとしています。


:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆

つい最近、σ(・・*)アタシはある事で警察のお世話になりました。
(と、言うと、何だかやばそうな話ですが)
そのことで本当に凹んだ毎日でした。
どーしてこんなに凹むのか色々考えました。

その理由は・・・・
このことで関わった相手の人が、かなり頭の悪いいやな感じの人で、どーにかして自分が得をしようと、次々と言い分を変えてきたことです。全く話にならん!!!(-_-#)ムカッ
それでも、大した事件ではないということで、警察は『どーでもいい、早くこのことを終わりにしたい』みたいな態度丸出しで、いい加減な処理を勝手にどんどん進めようとしました。
σ(・・*)アタシが真実を説明しようとしても聞く耳を持たない様子(T_T)
人はこういう一方的なやり方に辟易して、『はい』と言ってしまうんだろうなと、誤認逮捕の状況を容易に想像することができる状態でした。
(もちろんσ(・・*)アタシが誤認逮捕されるような出来事ではありませんが)


σ(・・*)アタシが思い出したのは、娘のイジメの時のことです。
娘はいじめられた側ですが、お友達はいい人が多く、その友情に支えられ、元気に高校に通い卒業もしました。
でも、その事で学校側は『イジメなどない』と言い切っていました。
娘の名誉のため、ということもあり、σ(・・*)アタシは徹底的に戦うことに。。。
σ(・・*)アタシの知り合いがあちこちにいて話を聞いてくれたこともあって、県の教育委員会にまでいきました。
最後は、校長先生が出てきて平謝りでした。その時同席していた教頭は、校長が謝罪しているにも関わらずまだ弁解をしたので、隣にすわっていた校長が『いい加減にしなさい』と一喝!!

色々なやりとりの中で、σ(・・*)アタシには『確かにイジメはありました』と最初言っていた教員が、教頭からの調査に『イジメはありません』と答え、うちの娘の性格が悪いので先輩から忠告を受けただけだと説明したことから始まったこの問題は、話のわかる校長と、県教委の県立高校の教員に対する指導・監督の立場の窓口の人と、心ある娘の友人と、同じ人からいじめられて負けてしまった子供さんを持つお母さん達からの励ましで、σ(・・*)アタシは最後まで頑張れたんだと思います。

それでも、その後も、イジメた生徒や嘘の報告をした先生方には、何のお咎めもなく、未だに表向きは『娘の性格や態度が悪いので注意したら、逆にその母親が大騒ぎした』という感じになっています。

上手くいく事もある。
上手くいかずに誰にも理解されない時もある。
正義感だけでは、自分だけが表沙汰に立たされ、逆に誹謗中傷の的になる事も。。。
世の中は、正直者が損をする事の方が多いかもしれません。
泣き寝入りの方が楽だし。。。
それでも、時として、立ち上がらなければならない場合もあるのです。

今回のSさんの誤認逮捕の記事を知り、自分が関わった事件のことや、以前のイジメの問題なども考え合わせ
ままならない世の中で、平穏に生きていくことの難しさを思い
本当にブルーな気分で過ごしています。
『母子家庭』というおまけがついて、無責任な意見をばら撒く輩までいますから、こんな事で負けてなるものか、という気持ちも萎えます。

それでも、元気に仕事に行き、アフォには関わらないわ、と諦め
きちんと社会生活を送るよう心がけていかなくちゃいけません。
┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~  疲れます


コメント

Secre

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
リンク
カテゴリー
プロフィール

rakuでっす(V^-°)イエイ!

Author:rakuでっす(V^-°)イエイ!
(o^-^)oイラッシャイマセ~☆

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。